今、行う必要があるか

外壁塗装については、一般の方はわからないことが多いことでしょう。
ですから、塗替えをしなければならないということになった場合は、業者の選定から考えなければならないことになります。
それよりも、外壁塗装をしなければならないかどうか、その必要性も不確かなことの場合が多いです。

外壁塗装をしたほうが良い目安として、外壁に現れるヒビがあります。
しかし、業者によると、ヒビそのものだけで、すくに外壁塗装をしなければならないのか?というと、そんなことはないということです。

外壁塗装が必要な時期と言うのは、それぞれの家では違いますが、つやがあり、雨が侵入するようなヒビではない場合は、慌てて外壁塗装をしなくても良いとされています。
一応の目安としては、新築で10年と言われています。

ということで、外壁塗装の必要性に関しては、専門業者に調査してもらうことが大切です。
この場合、塗装業者(依頼を使用としている)ところだけではなく、いくつかの業者で、調査をしてもらうことです。
そこでの見解の違いが出ることで、全ての業者が外壁塗装をしたほうが良いという時には、いま外壁塗装をしなければならない時だと思って良いでしょう。

しかし、これはその住人の考え方一つです。
中には悪質な業者もいますから、どの業者のアドバイスを聞くか?にもよります。
こんなにひどいからと言う業者が居たとしても、そのくらいは平気ですと、さらりと流してしまう業者も居て、どちらを信用するかで、外壁塗装を考えてみてください。

Copyright © 2014 外壁塗装が必要な時 All Rights Reserved.